Recent Trackbacks

文化・芸術

May 04, 2007

LA FOLLE JOURNEE au JAPON ( ラ・フォル・ジュルネ 2007 )

たくさんのパンを抱えて行った先は先日の記事にも行くことを予告していた「ラ・フォル・ジュルネ 2007」の会場でもある有楽町の東京国際フォーラムへ。

003_1

日本では2年前から開催されているG.W恒例になりつつある音楽祭。
先日譲っていただいたチケットが若きバイオリニスト庄司紗矢香さんが出演するとのことだったので、かなり遅くからの開演(21時15分~22時30分)でしたが、行って参りました。

今回は、
(指揮者)ドミトリー・リス
(バイオリン)庄司紗矢香
(ピアノ)ボリス・ベレゾフスキー   
(演奏)ウラル・フィルハーモニー管弦楽団
の演奏で、チャイコフスキーの2大協奏曲として有名な「ヴァイオリン協奏曲ニ長調作品35」「ピアノ協奏曲第1番変ロ長調作品23」を聞きました。

庄司紗矢香さんの演奏は途中弦の音がおかしかったように聞こえましたが(すれているというかギシギシした音)、そのように感じたのは私だけかな??
演奏自体は迫力もあり私が座った座席がやや後方だったにも関わらずとても響き渡ったバイオリンの音がなんとも言えずすごかったです。出だしはオケとあまりあっていないような雰囲気でしたが、なんとか合わしていくのもオケとソリストと指揮者のなせる技でしょうね。

ピアノ協奏曲のほうはピアノをやっている私にはとてもなじみのある曲。こちらも負けじと力強く迫力のある音。最初の一音からぶれることなく入っていく演奏はすごいなぁ~の一言。

気分よく帰りたかったのですが、演奏以外で残念ポイント!

とにかく座った場所が悪かった(譲っていただいたにも関わらずこのようなことを言っている私を許して~。)のか、となりの方が演奏途中から時計を見るわ、腕をかき出すわ、とにかく視界にはいってしまい集中できず。失礼かと思いましたが、最後のほうはパンフをつかって視界にはいらないようにしました(--;;
またこの演奏会自体「気軽にクラシックを聞いてもらう」こともあるのですが、終了時間の関係上演奏が終わってオケがいるにも関わらずさっさと出て行ったり、庄司紗矢香さんの演奏が終わって帰られる人、究極は親子(母&娘)はピアノコンチェルトの演奏途中で出て行く始末。
時間の制約があるのは仕方がないが、せめて楽章終了後に出て行ってほしかった。

日本人ってこういったクラッシックコンサートが合わないのかな。。

来年は噂によると「シューベルト」とのこと。シューベルトってピアノだと繰り返し部分の演奏が多いから好みでないんですよね。。。(苦笑)

November 30, 2006

「M.A」観劇

会社帰り帝劇へ「M.A (マリーアントワネット) 」を観劇してきました!

先行発売初日に電話を一生懸命掛けて取った席がなんと最前列という幸運(だったのかな・・・。)の席だったので、会社を定時に出てダッシュで到着→すぐに開演時間となりました。

舞台はフランス革命が起こりつつある時代の、二人のM.A「マリー・アントワネット」と「マルグリット・アルノー」を軸にストーリーが進むのですが、内容はこれから舞台が続くのであえて書きません。。。

実はこの舞台皆さんが「感動したよ~。」「泣けたよ~。」と言われていたので、かなり期待をしていたのです。

が、期待し過ぎたのか、隣の方が号泣していたのが気になったのか、逆のお隣の方は最前列にも関わらず睡眠モードに入っているのが気になったのか、はたまた2幕が始まるというときに弁当を食べ始めた隣の隣のおばさんたちが気になったのか。(前フリ長かったかな~。)

感動はしたのですが、泣くまではいきませんでした。。。(ウルっとはきましたが・・・。)

演じられている方々すべての方はとてもよかったのです。
マリー・アントワネット役の涼風真世さんの後半の迫真の演技、マルグリット・アルノー役の新妻聖子さんの迫力ある威勢ある演技、アニエス役の土居裕子さんの歌、アクセル・フェルセン役の井上芳雄さんのういういしさ。ルイ16世役の石川禅さんのキャラ、オルレアン公役の髙嶋政宏さんのメイク(!)、ボーマルシェ役の山路和弘さんのトーク、カリオストロ役の山口さんの歌声。
本当よかったのです。本当に。

でも、

頭の中にマンガ「ベルサイユのばら(別名:ベルばら)」の印象が強いためか、何かが違うように思えてならなかった。なぜなのかはわからないのですが。

困ったのが、「もう一度見に行こうか否か。」
悩みどころです。。。

November 24, 2006

photodays 受講生作品展 Vol.2  「今日も写真と。」

afternoon tea school の帰り、とあるSNSでお誘いを受けた写真展に行ってきました。

フジフィルムが主催をしている「photodays 女性のための写真教室」と言う、女性でなおかつ初心者で一眼レフカメラを趣味にしていこうという方のための教室で受講された方の作品展でした。

C0073672_1743144

ビルの前で工事などしていたので「この場所でいいのかしら?」と悩みながらビルの中へ。

たまたま誰もいなかった会場でひとり写真とにらめっこしていた私。

私の場合写真展に行くと風景写真や花の写真などに目がいくことが多いのです。しかも今回は女性だけの出品なので女性の視点から見るフレームって男性の写真家から見る視点と違うのかな~とちょっぴり思ったりしながらなにも考えないゆったりとした時間を過ごせました。

いつかは一眼レフを買っていろいろ取ってみたいと思っていますが、これ以上趣味を増やすと経済的に破綻してしまうので来年になったらこちらの教室へは行きたいと思っています。(^^;;

p、s こちらの写真展にご招待していただきありがとうございました!

August 30, 2006

「天地水 月光浴」

夕方会社を出てから会社の用事を済ませてから、大丸東京店で開催されている『石川賢治 月光写真展 「天地水 月光浴」 』へ行ってきました。

2006830tuki

雑誌か何かの掲載で開催することが知っていたのですが、ブログを拝見してくださる心優しい方が教えてくれたのと会期が9/5までだということだったのでちょっと無理な日程でしたが、歩いて東京駅まで。

久しぶりの東京駅でちょっと迷いましたが、会場へ入ると東京駅の喧騒とした雰囲気とはまるで別世界がそこで広がっていました。

満月のわずかな光だけで写真撮影したもので、何でも「太陽光の46万5千分の1の光で撮影。」とのこと。
それがどのようにすごいのかはわかりませんでしたが、写真のどれも神秘的でしかも会場内の音で忙しい毎日(笑)の中、ひととき落ち着いた時間を過ごしたのでした。(で、締めくくりたかったのですが、カップルでいらしていた女性の声だけなぜか響いていたのは気のせいだろうか・・・。)

ちなみに私が気になった写真は「グレート・オーシャン・ロード」と「屋久島」で撮影された写真でした(^-^)

January 16, 2006

piano recital

やっとブログがUPできないほどかなりのストレス??になってしまった「ピアノリサイタル」が終わりました。。リサイタルと言っても簡単に言えば「コンサート用のグランドピアノの弾き心地を感じてもらうための企画」という感じなので、単なる発表会ともちょっと意味合いが違うのです。

この企画を知った理由は単にすずらんがレッスンに通っている教室の先生から勧められたのですが、受けたのが12月中旬。しかも一様「しがない」とは言え会社員の私にとって年末年始は少しは忙しく、特に一番練習できる3が日はいくらなんでもpianoを弾ける環境ではないので、区営のスタジオを借りたりしてなんとか練習をしてきました。

本番当日も自分の出演時間まで大分あったので、他の教室を借りて練習をしていました。

結果は、

「やはり本番には100%の力は出せないな。」

発表会前よくレッスンに行くたびに言われていた改めて実感してしまった。暗譜もしてなおかつ120%弾ける状態が本番で100%くらいになるんだと。わかっていたつもりでしたが、今日はかなり打ちのめされてしまった。
たぶん去年演奏したショパン「幻想即興曲」のほうが弾けていたのを考えると、レベルを下げたとは言え、散々な結果でした。(本当に散々でした。。。)

私の考えはこういった会に出演するときにはせっかくだから「弾いてみたい」曲を選曲することが多いのですが、そこで感じるのが「レベルを下げて前に演奏した」曲を選曲したほうがよいかなと迷うのです。チャレンジも大切ですが、せっかく聴いていただくのにつたない演奏も申し訳ないなと思うジレンマがあるのです。

これは試験なども当てはまるのですが、いつも「この選択で間違っていなかったのかな」と思ってしまうのです。

散々な結果とは言え、これが現実として受け止めるのにはやや時間がかかりそうです。。。

しかしこれで当分時間に追われることがなくなったので、ちょっと「ホッ…」としています。しかも腕の疲れ&慣れない靴を履いたため足の爪(右足)が全部割れてしまって。(;_;)

やらなくてはいけないことたくさん溜めてしまったので、少しずつ片付けていきます。すずらんにとってはやっとお正月かな・・・。

December 05, 2005

横浜トリエンナーレ 2005

週末昼から秘密のマッサージ(?)に行き、帰ってきてから思い立って行って来ました。

チケットは以前から貰っていたので行けたら行こうと思っていたのですが、たぶんこれを逃したら会期中の週末はたぶん行けそうもなかったので。

みなとみらい線に乗り「元町・中華街」駅へ到着後、山下公園へ向かって歩いていくとそこはアートの世界が始まっていました。

そもそも「横浜トリエンナーレ2005」とは、
山下埠頭内の倉庫で行われている現代美術の祭典で、国内外よりアーティストが作品を出品しています。
テーマは「アートサーカス(日常からの跳躍)」とのこと。

2005

会場に入ると本当斬新っていうのかな~、不思議な作品がたくさんありました。あまり美術系にうとい私なので文章にすることがとても難しいのですが、入場者の方も参加できる作品もあるので2人以上で行くと楽しいかな。(私一人で行ったので、巨大ブランコに乗れなかった・・・)

会場は埠頭の中と言うことでめったに足を踏み入れない場所ということで、いい経験をしました。(「あぶない刑事」の撮影でも使われる横浜の埠頭だし☆ってミーハー??)

会場を出た帰り大きないちょうの木があったのでパチリと。

2005

秋を感じながら元町のパンやさんへ消えていったすずらんでした(^^;;

September 18, 2005

中秋の名月

2005

せっかくなので、「中秋の名月」をご覧下さいませ。

August 08, 2005

南極

懸賞で当選した写真展のチケットがあったのでパン教室が恵比寿で開催されたのもあり、渋谷へ移動をして東急本店へ。

本当ひさしぶりの渋谷の街。せっかくだから寄ってみた若者の聖地「109」。

でも「もう無理だな・・・」ひそかに思ってしまった。。。
なにせ夏休みのせいか地方の女の子が東京へ上京してきた感じの子(親連れ)がたくさんいて、ちょっと窒息状態。ここには若者が少ないとき来ようと思う私。

渋谷って私にはちょっと思い出がある街。まぁ学生時代っていろいろとあるし・・・。(意味ありげ??)
そのため一人ではあまり近寄りたくない場所。(だっていろいろ思い出すでしょ。)
お友達とくるのは全然大丈夫なのだけど、一人では今もちょっとイヤ。。。(^^;

前振りはさておき、目的は朝日新聞社主催の「南極 国境のない大陸」という写真展で、朝日新聞の記者&カメラマンが南極観測船「しらせ」に乗って実際に南極へ同行した記録を取ったものです。
ちょうど映画「皇帝ペンギン」の上映にも合わせたかと思うほど、ペンギンやアザラシの写真や南極越冬隊の方の写真などが公開されていました。(時間が合えばカメラマンさんの講演もあったそうです。)

しかしここで衝撃を受けてしまいました。

ペンギンも食べられてしまうんだ・・・

南極で活動された初期には物資を運ぶのも今より断然難しいので、食料も調達するのが大変なので当たり前な行為なのかもしれませんが、人懐っこい「ペンギン」なので、近寄ってきて捕獲をして食べたそうです。

ちょっと(というよりかなり)びっくりでした。

話を変えて出口でカメラマンが撮影した写真を販売するとのことでチラシをもらったが、少し気に入った写真がその中にあったので購入しようか検討中。

→ペンギンの写真は著作権の関係で撮影できなかったが、せっかくなのでJR東日本が開催しているポケモンスタンプラリーのイベントの一環で作った山手線のポケモントレインを。

2005

そのためどこの駅に行ってもスタンプ帳を持った子供&親がたくさん。さすがに子供のテンションについていけない。
「お願いだから、一目散にドアからでないで・・・。かなり怖いから。」

March 15, 2005

さすがに疲れました・・・。

タイトル通りです。
一週間本当に疲れました。先週の火曜から日曜まで会社帰り&週末は出ずっぱりでした。私にしてはとてもめずらしいです、ホント。
飲みに行くことすら大半は週末に近い木曜あたりからお願いすることが多いのに。いやはや。。。
しかも土曜~月曜は帰宅後「みそ作り」もやっていたので、大変疲れました。
本来1~2月にやりたかったのですが、家のリフォームとの兼ね合いで親からは禁止令が出ていました。しかしこの週末のやや寒い時期を狙わないともう無理!!と思っていたので、眠いのをこらえてやりました。

しかし、やってしまいました。

昨日会社にちょっと遅刻・・・。

いつもやや5分くらいの遅刻はまぁまぁ電車の遅延がよくある路線なのでありましたが、今日は15分遅れの遅刻。が、いつもと違うところがありました。

いつも10時以降に出社するお局さまがそこにいるではないか~~~。

お小言もついて、泣きそうでした(;X_X;)
いつもはいないのになぜ~!!
ブルーでした→自分が悪いのですが、さすがにヘコみました。

その後もいろいろとあるので、とりあえず悲しくなる気持ちを抑え、ちょっと出かけていた1週間の画像をUPいたしますね。

火曜は、
レ・ミゼラブル」in帝国劇場へ。
もちろん別所哲也さまの初日のために♪しかし別所さまが見えない・・・。舞台を見るにつけて「やはり別所さまとは世界が違うんだ~」としみじみ悲しくなってしまいました。
でも「引越しのサカイ」でおなじみの徳井さん&森久美子さんのキャラは絶賛。おまけにカーテンコールの際に徳井さんはわざわざ出演者の坂元健児さんを呼んでくださって。お隣にいた方はとても喜んでいました。
やっぱり楽日見たいな・・・。
(ちなみに画像は前日買っておいたBagel&Bagelのパンです。終業後買う暇がないことはわかっていたので。)
2005.3.7bagel&bagel

水曜は、
ケーキ(シフォン)教室へ。
2005.3.9fami-yu
約3ヶ月間近くお店のリフォームのためにお教室がなかったので、ひさしぶりでした。(私自身もひさしぶりにシフォンを焼きました)
ちなみにこの日は季節のいちごをつかったフレーズシフォンです。自分のほうが先生から乳化ができていなかったようね~と。次の教室までには練習しようとは思ったが、今週も忙しい。。。ど~すんだ~!私!

木曜は、
前に書いたブログの通り、無駄足になってしまったセールへ。

金曜は、
友人がお気に入りのインディーズのアーティストの初単独ライブin渋谷のライブハウスへ。
アーティスト名は「DEPAPEPE(デパペペ) 」というらしい。神戸出身の2人組で、歌詞などの歌は一切ない、ギターで聞かせるという感じのコンセプトのようです。
チケットもsold outで今度メジャーデビューもする予定だそうです。とてもいい演奏を聞かせていただきました。

が、失敗しました。

ヒールがある靴で行ったため2時間のスタンディングはものすごーく辛かった。。。
ライブハウスなんて大学生時代以来だったからな~、いかに場慣れしてなかったみたい。

土&日曜は、
朝7時に電車に乗り経堂へ。帰宅は毎日6時を回っていました。それにもちろん行きましたよ、メゾンカイザー。
土曜に買った商品の画像です。2005.3.12mezonkaiza-

買ったのは両日とももちろんクロワッサン。あとはレモンパイやパンオニオンなどいろいろ。
でも本当はビゴの店でもよかったのですが、ただ単にバスを「玉川田園調布」で下車したくなかったので、メゾンカイザーになったのです。メゾンのほかには「富澤商店」にも立ち寄り、生「柏の葉」発見。もちろんgetで♪

そんなこんなで、1週間。
今日は反省をこめてまっすぐ帰宅。 明日はさすがに遅刻をしないで行かないと・・・。もう寝ます。

今日はとても長くなってしまいましたが、長々読んでいただき、ありがとうございます♪

March 06, 2005

グルメ&仏像??

今日から忙しい一週間の前哨戦??っていうのかしら。とりあえず朝からいつもの料理教室in銀座へ。

本日は広尾:アクアパッツアの日高良実シェフのイタリアンです。こちらの教室は今では1dayレッスンですが、以前は1ヶ月に1度のクラスでしたので、約2年半近く通っておりました。
ここ半年受講していなかったので、はたしてシェフに覚えてもらっているのかしら・・・と心配しつつもいざ教室へ。教室に行くと「久しぶりだね~」とお声をかけられ、忘れられていなかったようです。「ほっ!」としました(^_^)

さて本日のメニューは、
①くるみとスモークチーズのサラダ
②かりかり焼きいわしのパスタ
③仔羊のブロテッタート
④フルーツロースト アニス風
です。
2005.3.6akuapaltutua

他のクラスの場合ドルチェはデモストレーションが主ですが、日高シェフはドルチェも実習させていただけます。今日のクラスが教室自体初めて受講された方ばかりでしたが、以前継続クラスでお会いしていた方にもお会いできたので、うれしかったです。(ちなみに前回のクラスの「びっくり」した事件も教えていただきました。)
またその方から前から興味を持っていた鎌倉にある古民家で開催されているお稽古事のお話を聞いて、収穫ある教室でした。

教室終了後に昨日行った美容室で担当の美容師さんが今月引越しをされたという話をされていたので、引越し祝いを購入後、急いで有楽町→上野へ行きました。
訳は会社や知り合いの話題になっていた東京国立博物館の「唐招提寺展」を鑑賞するためです。

2005.3.6tousyoudaizi

その知り合いから「入口のチケット売り場は込んでいるから、駅の臨時販売所のほうがいいよ。」と言われ、駅でチケット購入後、いざ国立博物館の平成館(こちらの建物は今の皇太子さま&雅子さまの御成婚に際して作られた建物だそうです。)へ。
仏教系の学校へ通っていたので、寺などには抵抗感がなかったのですが、仏像を見ようと思ったのは初めてでした。
本日最終日ということで、小さい子供からお年寄りまでたくさんの方がいらっしゃいました。
印象に残ったのはやはり「慮舎那仏坐像」、「梵天立像」と「鑑真和上坐像」でした。
仏像の大きさにパワーみたいのをいただいた感じです。


しかし身体の不自由な方も鑑賞されていたのですが、すごく見づらそうな感じを受けました。その点の配慮を主催者は考えたほうがよいのではと感じました。

そんなこんなで鑑賞終了後、自宅へ帰宅。途中美容室へ寄って美容師さんへ引っ越し祝いを置いて帰りました。

異文化に触れた1日でした。

January 2016
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

すずらんのブログ♪