Recent Trackbacks

趣味

January 18, 2010

ビーズ作品♪

昨年浅草橋まで行って買ってきたビーズの材料。

この記事でも「本当に作る気あるのか」と突っ込んでいましたが、結局昨年内にはできず。しかも正月休みもヒマだといっても精神的に疲れ果てていたのでやる気が起きず。

で、なぜかこの週末になってふとやる気になって思わず製作開始。

Continue reading "ビーズ作品♪" »

July 09, 2007

今期初の「レ・ミゼラブル」 (通算7回目鑑賞☆)

初一人での月初の仕事を先週末までにほぼ仕上げて、週明けに楽しみにしていた今年初のレミゼ!
その前にJTBへ行って仕事を済ませていったら時間ギリギリになり、サンダルなのに走って帝国劇場へ。
定刻3分前に到着したのですが、足は水ぶくれ&血だらけ(苦笑)
最初の数分は息を切らせながらの観劇でした。

今回のキャストはSPバージョン!
エポニーヌ役:島田歌穂さん&マリウス役:石川禅さんの組み合わせの日でした。
もちろんバルジャンは別所さん~♪

今回はキャスト一覧を~。
ジャン・バルジャン:別所哲也さん
ジャベール:今拓哉さん
エポニーヌ:島田歌穂
ファンティーヌ:シルビアグラブ
コゼット:菊池美香
マリウス:石川禅
テナルディエ:駒田一
同夫人:森久美子
アンジョルラス:東山義久

個人的な感想は、
バルジャン:なんともいいようがありません。ただお会いできただけで幸せです!あまりに私情が挟まるのでこれにて・・・(笑)
ジャベール:憎たらしいというより、かっこよく見えてしまうのは私だけ??
ファンティーヌ:演技はとても好きです。子供を思う切ない場面とかは引き込まれました。でも今まで鑑賞していたキャストのファンティーヌの声質が高かったので、やや違和感?でも好きですよ。
テナルディエ&夫人:こちらのご夫婦には頭が下がります(笑)。
アドリブありでなんども笑わせていただきました!
アンジョルラス:この方も初めてだったのですが、「線が細いな~」と。きれいなタイプの革命家かな?
コゼット:河野由佳さんのタイプに似ているのかな?かわいらしい感じです。

メイン(?)となったエポ&マリウス。
いろいろな人から「ぜったい見たほうがいいよ。」と勧められたキャストだったのですが、本当よかった!!
歌を聴いて自然に涙が出てきたのはホント久しぶりです。特に恵みの雨のシーンなんぞは、客席からすすり泣く音が所々聞こえてきていました。
いろいろなキャストのエポ&マリウスを見てきましたが、絶賛される理由がなんとなくわかりました。
舞台を見ていてどんどん引き込まれていった自分がいましたね~。
かなりがんばって取ったチケットでしたが(月曜だったので、よかったのかな?)、がんばってよかった。

全体的には他の方のブログを拝見していたので、多少演技構成が変わった部分はわかりましたが、私は以前のほうがよかったかな?(特にガブくんが死ぬときなど。)

あと今日気になった人物、それは、
ブラボー男

女性のキャストのソロパートがあると、かならず最後「ブラボー」と言っていた。
それはいいの。それは。だけど、

別所さんにだって言ったっていいんじゃない??

観劇を終えて、ばんそうこうがはがれてまた血だらけになって帰っていったすずらんでした(^^;

June 30, 2006

五嶋龍 ヴァイオリン・リサイタル2006 @ 横浜

この日は楽しみにしていた五嶋龍くんの「五嶋龍ヴァイオリンコンサート2006ジャパンツアー」を鑑賞するため横浜みなとみらいホールへ行きました。

チケットは先行発売で購入したのですが下手サイドの席だったので最初「失敗かな~」と思ったのですが、今回はオーケストラの公演でなかったのと、バイオリンを弾く際に弓を右で扱うため見づらいということは全然なかったので、お得な席だったかも♪
(チケットを取ってくれた友人に感謝です!)
比較的前列~中列のほうで鑑賞したので表情も読み取ることもできました。

この公演の客層もフジテレビの「五嶋龍のオデッセイ」の影響でしょうか、年齢層にかなりの幅があったように思えます。中でも子供連れが多かったのにはびっくり。
(と、ある子供が幕間にピアノの横に書いてある「スタインウェイ」のロゴを一生懸命ローマ字読みで覚えて母親に伝えていました。)

今回の演奏項目は、
・イザイ:無伴奏ヴァイオリン・ソナタ第3番
・リヒャルト・シュトラウス:ヴァイオリン・ソナタ
・ブラームス:ヴァイオリン・ソナタ 第2番
・武満徹:悲歌
・ラヴェル:ツィガーヌ
アンコール、
・サラサーテ:ツィゴイネルワイゼン
です。
(演奏項目は公式サイトで発表されていたので、今回は記載しました。)

最初のイザイの独奏を聞いていたら音の響きでなぜか涙か出て。。。
しかもイザイを演奏し終えて幕内に戻ったときに観客席から「おぉー」との歓声が。

曲が終わるたびに歓声が沸きあがっていたのはあまりないことだと思いますが、18歳にしてこの完成度はまねできないと!

2曲目の第一楽章が終わったときに表情がなぜか苦笑いのように見えたのはたぶん楽章後の拍手だろう。
でも第一楽章が終わって拍手が出たのはめずらしい。(クラシック初心者の方も多かったのでしょう。)

続いて3曲目のブラームス・4曲目の武満徹さんとラストに進むにつれてノリにのってきました。
ラストのラヴェルで途中から少し弦の具合を気にしていたのは気になっていましたが、アンコール曲のサラサーテ「ツィゴイネルワイゼン」もサイコーでした!

このようなコンサートではあまりパフォーマンスってないのですが、サングラスなどのイメージチェンジはなんとも18歳らしい。

今回このコンサートの観客の姿勢を議論されているサイトやSNSで、いろいろな意見が存在すると共に批判記事もたくさん見ることがありました。でも音楽も舞台も観客一人一人のマナーって大切だし節度も必要だと思う。それは初心者もベテランのファンもいっしょ。要はいかに心の中で楽しむことができたかが重要だと思うな~。


~追加コメント~
ピアノを演奏するすずらんにとって困ること、それは「ピアノの音をひろってしまうこと。」
今回はバイオリン&ピアノのコンサートだったので、ピアノソロになったときは特にピアノの音感を見事に聞いてしまい、その後のバイオリンの音に集中できない・・・。困った習性だなぁ。。。

June 15, 2006

梅酒@2006年

今年も梅酒の季節がやってきました!今回も「月向農園」さんの梅で梅酒&梅干を漬けようと考えて、販売開始の時期はいつもネットチェックしていました。(月向農園さんの梅は結構売り切れが早いので・・・。)
しかも今回梅酒の梅として狙っていたのが梅にほのかな赤みがかかった「紅南高梅」でした。去年のブログの記事にも書いたのですが販売2時間で完売だったので、今年こその意気込みでがんばりました。

執念(笑)でゲットできたその紅南高梅が今日届くということで会社からまっすぐ家へ直行。

2006616ume1

今回の漬け方は、梅1キロに対して氷砂糖はやや少なめにしてお酒はホワイトリカーに戻しました。理由は気に入った焼酎がなかったので。

我が家の場合数年寝かせて飲むことが多いのでかなりまろやかな梅酒となることを願いつつ。
(でも梅酒・梅干・みそ・糠みそ・らっきょうまで自家でつくっている私って・・・。まだまだピチピチ(笑)のOLなのに~。)

June 10, 2006

ヘルシーベトナム料理教室へ。

今日はめずらしくといっていいのかなかなか当選しなかった東京ガスの料理教室へ。
地元の東京ガスの教室が閉鎖になり、それから一度新宿ショールームの教室へ行ったきりなかなか当選しなかったのですが、今回やっと当選したので楽しみにしていました。
しかも特別料理教室のクラスだったのでひとしお。(でも新宿ショールームのときもベトナム料理だったので、ベトナム料理に縁があるのかしら??)

今回は「野菜たっぷり!ヘルシーベトナム料理」で講師の先生は西麻布「kitchen (キッチン) 」の鈴木珠美さんです。

2006610kitchen


なおメニューは、
①手羽先のヌクマム揚げ
②あさりと香菜のたまご焼き
③キャベツのお浸し
④豚ひき肉とクレソンのスープ
です。

ベトナム料理なのでまず調味料から揃えないと作ることが難しいのですが、逆に揃えてしまうとこちらのメニューは簡単に作ることができます。

一押しはやはり①の手羽先かな~。夏にビールのおつまみになりそうなぴりっとした感じの一品でしかも手羽先を揚げて調味料と絡めるだけ!また④のスープはヌードル風にして食してもおいしいとのこと。

「これは調味料を買うっきゃない!」byやるっきゃない!とよく言っていた堀ちえみさん。

幸いにも私の地元にベトナムの食材店などもあるので今度行ってみよ~。byいかりやちょーさん。

ここからちょっと苦言。。

はじめて調理工程の写真を断られた。。。(今まで同じ教室の新宿でも横浜でも断られなかったのに。)ビデオが駄目なのはわかるけど、写真がだめなのははじめてだった。ちょっとショック(;_;)
しかも写真が駄目なのに音声録音は可能なのはちょっと不満。
(アンケートにも書いてしまったのでもしかしたらこちらのショールームでの教室はもう当選しないかな・・・。)

苦言終了!

試食の際にベトナム料理にかかせない333(ビール)がでて、ちょっと機嫌直ったかな~。(笑)

また帰りの道すがらスターバックスの試飲があったのでちゃっかりいただいてきました。
今回は「牛乳で作ったラテ&豆乳ラテ」の飲み比べ。午後の昼下がりのちょっとした幸せ(?)を感じました。

June 07, 2006

チェリーシフォン

久しぶりにシフォン教室@池袋へ行ってきました。(行ってはいたのですがただUPし忘れていたものもあります~。(^^;)

今回はチェリーシフォンです。他の方は初めてのチェリーシフォンだったのですが、私は数年前に一度こちらでチェリーシフォンを作っていたので2度目となります。
しかし生地のベースが以前の作り方はノーマルシフォンだったのですが、今回はマーブルシフォンにチェリーを入れていく方法でした。

いや~、久しぶりだったので生地がどうなるかが不安だったのですが、メレンゲ完成時に一度確認をしてもらったところ「大丈夫かな~。」と言われ、ほっ。。。

が、フルーツを入れていく過程でどんどん生地が少なくなっていく。(少なくなっていくのでなくただメレンゲの泡が消えていっているだけなんですが。。)

「やばっ、生地を締めきれなかった??」と心の中で叫びつつ、いざオーブンへ。

なんとか完成!

200667cherry


いつも思うのですが「復習って大切だな~」と。いろいろ行き過ぎる教室を減らして家で復習と思いつつ、興味がふつふつと。

イコール

「お金が無い!」(昔織田裕二さん&香取慎吾さんがドラマやっていましたよね??)

スクールを減らさないと調理器具が買えないよ~。→行き着くところはそれだった。。

June 03, 2006

パスタ教室 ~その2~

先週に引き続き週末はパスタ教室へ。今回のメニューは「ほうれん草とリコッタチーズのニョッキ」です。

ニョッキを作る作業はとても大変ですが、丸めて模様をつけるなどの成形にいくと楽しい楽しい☆☆
またニョッキの中に入れるリコッタチーズも作っていくのですが、とても簡単にできるのでニョッキを作るときにチーズが無くてもぜんぜん大丈夫。(でも我が家には牛乳がないので結局は何かは購入しないとできない・・・。)

また今月から試食の際にパスタにあわせたワインを提供していくことになり昼間から優雅な時間を過ごしてしまいました♪(でも昼間だったので量はちょっとセーブ??)

こちらのお教室の先生もとてもやさしくて私が言うのもなんですがとてもキュート♪本当手作りパスタにはまっていきそうです。。。

(画像は後ほど・・・。)

画像追加です☆
200663kotokoto

May 28, 2006

ahill ( アヒル )の料理教室

パスタ教室に続いて今日はいつもの料理教室@銀座にて単発のクラスへ。
今日は西麻布「 ahill 」(アヒル)の山下九シェフのフレンチです。

山下シェフは最近ですとTBSの「魂のワンスプーン」やテレビ朝日の「龍虎飯店」に出演された方で、鉄板焼き&フレンチの組み合わせで評判のお店のシェフです。

フレンチの教室が久しぶりだったのでどんなメニューがくるか楽しみでした。

2006528ahill

ちなみにメニューは、
①グリーンアスパラのソテー マッシュルームソース ベーコンのテクスチャー
②コーン・スープ 鶏レバーのクルトン添え
③豚肉ハンバーグ 紫キャベツのマリネ添え 粒マスタードソース
④さくらんぼのクラフティ
です。

②のコーンスープの中にレバーを入れるなんて発想すらしなかったのでびっくりでした。また③の豚肉のハンバーグも中に豚足を入れるのですが(豚のひき肉+豚足=ダブル豚??)、食感がちょっと面白い?

こってりしたイメージが強いフレンチ料理ですが、今回の教室は逆にあっさりした感じのフレンチでした。(レシピの副題が「ココロをほぐすフレンチ」だからかな??)

またシェフがこのような教室自体が初めてだったようでちょっと緊張されていたようですが、丁寧に一つ一つ細かく教えてくれてとても好印象でした。

今度評判の「ahillカレー」を食べてみたいです!

May 27, 2006

パスタ教室 ~その1~

ラ・ベットラへ行った翌日またまたイタリアンdayと言うことで、初のパスタ教室へ行ってきました。

場所は川崎市内にあるのですが、川崎駅近くでなく田園都市線沿い。田園都市線って二子玉川(通称:ニコタマ)より先って小学校の遠足で「こどもの国」に行ったきり行ったことがないので、かなりおのぼりさん状態でした。

駅から徒歩1分のところにその場所はあったので道には迷わず到着。

生パスタを作るのは初めてだったのですが、パスタ生地を捏ねて作っていくことがパンを捏ねる(まとめていく)こととなんとなく同じだったのでなんとかできたかしら??

今回のメニューは、「ジェノベーゼペーストのラザーニェ」でした。フレッシュバジルをペーストにしていくのですが、ラザニア=トマトソース&ホワイトソースの概念だったので結構新鮮なソースでした。ショートパスタと絡めてもおいしいかもしれない☆☆

2006527kotokotopasuta


またそこで初めてパスタマシーンも使用したのですが、楽しい・楽しい!
ハンドルをくるくる回すだけで伸びていくっておもしろい!ここに通っているお友達がパスタマシーンを欲しがる気持ちがわかりました。(私も欲しくなったし(^^;;)
またペーストにする際に使用したすり鉢もイタリアのすり鉢なのですが大理石の重々しいすり鉢で、これも私はかなり欲しくなった一つです。しかしいろいろ教室へ通うと欲しいものばかりが増えてしまい困っています(笑)

上でちょっと触れましたがここのお教室は、お菓子教室でいっしょになる方が初め通われていたのをブログで知ってお話をお聞きして行くぞ!と思った場所です。ですがちょっと予定とかみ合わずこの時期まで行くことが叶わなかったのですが、その間に別のお友達も通い始めていたので、先生からも「お話は聞いていますよ~」とお友達たちが事前に「すずらん登場」を予告しておいてくださっておりました。。(キャー、はずかし☆☆)

次回はニョッキを作るのですがたくさんのパスタの種類が習えるのは楽しみです☆☆
(また趣味費用に費やす自分が怖い・・・。)

May 19, 2006

パンのペリカン in 上野

代々木上原を後にして目的の合羽橋へ買い物をし寄り道をしたのが、「 パンのペリカン 」でした。

2006415perikan1

上野というより銀座線の田原町駅が近いと思いますが、浅草駅からも足を伸ばせる距離にある食パン&ロールパンにこだわりがあるパンやさんです。

最近時間が合わず合羽橋に行くことが少なくなってきたのでかなりひさしぶりのペリカンでした。
この日も週末で数名の方が並んでいたのですが、比較的午後の早い時間だったので品揃えはあったほうかな?
ここのパンはどれももちっとしてしっかりとした食べごたえのあるパンで、トーストした食パンにバターたっぷりもさいこーなのですが、今回はロールパン(中)を購入。

2006415perikan2

理由は、「ロールパンにいろいろサンドしたかったから。」

たまご、ツナ、ウインナー、ハムなどいろいろサンドを作りたかった気分だったのでしたが、結局作ったのはハムサンド&ウインナーサンドの2種類のみ。

デニッシュやクロワッサンも好きですが、たまにペリカンのパンを食べると昔を思い出すって気持ちになるんですよね~。

やっぱり食パンも買ってくればよかったかな~?

より以前の記事一覧

January 2016
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

すずらんのブログ♪