Recent Trackbacks

« ゆったり、ほっこりと。 | Main | 台湾屋台Haru in 渋谷 »

November 23, 2007

ウーマン・イン・ホワイト観劇 in 青山劇場

連休初日は夕方からの活動となりました。
と言うのも、お気に入りブログ「かしちゃんのひとりごと」のかっしーさんから譲っていただきました、わがべっしー別所哲也さんの舞台「ウーマン・イン・ホワイト」の観劇のため渋谷へ。

渋谷エリアをうろつくのは数ヶ月ぶりでしたが、宮益坂近くの神社ではこの日二の酉にあたるため出店などで混雑。その道をかいくぐり劇場へ行く前に訪問をしたのが華々美人。限定のマンゴープリンを食べてから、いざ青山劇場へ。

お席はなんと前から3列目!しかも別所さんの立ち位置がこの位置が多くてドキドキでした(^^

Mainこのお話を知らない人もいるので、キャスト紹介&簡単ストーリーを。

(キャスト)
マリアン ハルカム:笹本玲奈
ローラ フェアリー:神田沙也加
ウォルター ハートライト:別所哲也
パーシヴァル グライド卿:石川 禅
白いドレスの女(アン キャスリック):山本カナコ
フレデリック・フェアリー:光枝明彦 
フォスコ医師:上条恒彦 他

指揮者:塩田明弘

(ストーリー)→ぴあから抜粋
舞台はイギリスの地方。貧しい画家の青年ハートライトが裕福な地方地主フェアリー家の姉妹マリアンとローラに絵を教えるためにやってくる。途中、ハートライトが邸宅に向かう夜道で、ある白いドレスを着たひとりの女に出会うが、秘密めいた言葉を残しどこかへ消えてしまう…。
この女にそっくりだったのが、フェアリー家の妹ローラ。ローラはハートライトに恋するが、決められた許婚グライド卿と結婚を選ぶ。この結婚が悲劇の始まりだった。果たして白いドレスの女との関係はあるのか…。

アンドリュー・ロイド=ウェーバーの新作ミュージカルと言うことで、別所さんに興味を持たない私が通っているピアノの先生ですらちょっと興味があるようで。

感想としてはまだ公演中なので詳しい話は差し控えますが、ローラ役の沙也加ちゃんが玲奈ちゃんと別所さんと曲を合わせるとオクターブ部分がやや出しにくそう。2回公演だったのとミュージカル公演には出演が多い二人と合わせるとどうしても迫力にかけてしまうかな。。基本のキーでの歌は清涼感がありましたので、次回に期待かな?
また今回のツボは禅さんの悪役!ローラとの結婚後(新婚旅行から帰宅後)のあの冷淡さ。あれにはやられましたね(苦笑)
上条さんが最後までそれほどの悪役に見えなかったのは禅さんの非道男爵のせい??
山本カナコさんは劇団新感線の方のようですが、毎回公演のたびに張り上げる声は大丈夫なのかしらと変な心配をしてしまった。しかしあの狂気迫った演技は怖かった・・・。
笹本さんはさすがにベテランの域ですね。ストーリーとしてはちょっとかわいそうな役まわりだったので、ローラの役を笹本さんにして別パターンを見てみたいです。

最後に別所さん。相変わらずあのお姿にはホレボレです。特にローラと心が通じ合うシーンはぐっと来ましたが、横の笹本さんがとてもかわいそうなシーンでもあり、やや複雑でした。でもラストシーンで別所さんが出てくるときにバルジャンを一瞬感じてしまった私がいました。が、パーマが軽くかかった長い髪はニガテです。
さわやかべっしーでいてほしいー(汗)

そうそう、斜め前に座っていた男性客(一人)、観劇中かなり頻繁に林家三平さんの「どーもすみません」ポーズをするため、舞台中心で演技をしていると微妙に見えない。何度「じゃまだ!」と言ってしまいたくなる衝動に駆られたか。

ちなみにこの公演、オケが舞台の上部分にあるんですね。ビックリしました。


最後にかっしーさん、ありがとうございました。とても有意義な一日を過ごすことができました!!

« ゆったり、ほっこりと。 | Main | 台湾屋台Haru in 渋谷 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「芸能・アイドル」カテゴリの記事

Comments

すずらんさん、お疲れさまでした!
こちらこそ、行っていただいて
ありがとうございます♪
助かりました!

別所さんの髪型は芸術家の役だから
あの長さと後ろ髪なんじゃない?って
友人が言ってました(笑)
私もさっぱりしている方が好きです!

沙也加ちゃんも玲奈ちゃんも
別所さんの半分くらいの年齢だから
何かそれが気になって気になって(笑)
玲奈ちゃんはすごく大人っぽくなったな~って
思います。
沙也加ちゃんは、これからどんどん
伸びそうですね~。

でも、久しぶりに青年役で良かったです♪♪アハハ

かっしーさん、こんばんは!

あのお席で観劇できるなんて夢見心地でした。
本当にありがとうございました!!

>別所さんの髪型は芸術家の役だから
あの長さと後ろ髪なんじゃない?って
友人が言ってました(笑)
そういわれると絵の先生ですものね。
でも短いほうがもっと若々しく見えると感じたのは私だけ??

>沙也加ちゃんも玲奈ちゃんも
別所さんの半分くらいの年齢だから
何かそれが気になって気になって(笑)
これは同感です。だって沙也加ちゃんママと共演しているくらいですものね。。
禅さんと沙也加ちゃん夫婦も同様意見ですね。。

>玲奈ちゃん
設定は30代くらいとのことでしたが、ある意味どっしりかまえていましたね。さすがベテランの域。

>青年役
ホント、これが最後かもしれませんね。。
パパ役が定番になってしまうとこれまた寂しいので、難しいですね。。

ちなみに禅さんが沙也加ちゃんにサインを求めるシーンが今でも忘れられないすずらんでした(苦笑)

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82014/17192263

Listed below are links to weblogs that reference ウーマン・イン・ホワイト観劇 in 青山劇場:

« ゆったり、ほっこりと。 | Main | 台湾屋台Haru in 渋谷 »

January 2016
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

すずらんのブログ♪